ブログを書く時の時間配分について。重要なのは「タイトル」や「見出し」などの前半部分。

雑記

daiki

こんにちは、daiki です。

今回は、ブログを書く時の時間配分について書いていきます。
実際に僕が書いている時の配分を紹介しながら解説します。

皆さんブログの時間配分はどうしていますか?

とりあえず、書き始めて疲れたら休憩。
みたいな感じですかね。

僕がブログを書き始めた当初は、そんな感じでしたね。
ただ、これって効率が悪いんですよ。

結局は気分で書いてしまうので、中々終わらない。

こういう問題が起こるんですよね。

なので、その対策が必要。
それを踏まえ結論です。

ブログは、しっかり時間配分をすれば効率よく継続できる。
そして、一番時間を書けるべき箇所は前半部分。

こちらを深堀です😌

ブログを書く時の時間配分


ブログを書く時の時間配分について書いていきます。

この記事の前半では、僕が実際に書いている時の時間配分を紹介します。
後半は時間配分の重要箇所を解説です。

と、その前に。
僕がブログを書き終える時間は大体3時間ほどです。

そちらを踏まえてどうぞ。

ネタ・タイトル・見出しなどの文章構成に1時間

ブログを書く時に一番最初にやることは、誰もが同じだと思います。
まずは、ネタ・タイトル・見出しなどの文章構成。

僕はこちらに3時間のうちの1時間を使います。

まずネタ探しに10分~20分。
僕はネタをストックしないんですよね。

その日にパソコンと向かい合ったときに考える。

という風にしているので。

何故かというと、その方が僕はストレスなく継続することができるからです。

あんまり、考えすぎるのが好きではないんですよね。
「明日のネタをどうしよう、、、。」とかね。

タイトルからの見出し

ブログを書くネタが決まったら、次はタイトルを考えます。
これまた10分~20分。

タイトルにはネタで考えた文字を必ず入れて、プラスα を加える。

これ重要です。
タイトルはブログの第一印象を決める場所ですからね。

人を惹きつけるタイトル文にしないといけません。
そこから本文が読まれるので。

その後、見出しを書いていきます。

見出しは10分程。
だいたい h2 タグの2部構成で、h3 タグを3個ずつ加えてます。

あとは前説

前説にも10分から20分。
前説は分かりますか?

文章の始めの部分ですね。
この記事なら、「皆さんブログの時間配分はどうしてますか?」~「では、深堀です😌」の所です。

挨拶から始まって、前説でかるくブログの内容を理解していただき、本文につなげていく。

この流れを大切にしています。

本文に1時間30分

ブログの前半部分が終われば、次は中盤。
本文ですね。

本文は、だいたい1時間30分ぐらいですね。
文字数的に言うと、1500~2500ぐらい。

ここで少し疑問があると思います。

ブログの前半部分で1時間なのに、本文で1時間30分?
文字数的には前半の方が少ないような、、、。

そうなんです。
文字数を見てみれば、前半部分のタイトルや見出し、前説を全部含めても300文字ほど。

でも、1時間かかっているんです。
このことを頭の隅に置いといてください。

後半に解説します😌

画像選定・添削に30分

ブログを書き終えれば、画像選定と添削をやっていきます。
こちらは30分~60分。

画像選定に時間はかかりません。
いや、ちょっとかかりますね。

画像を選ぶときって、タイトルや見出しと関連性がある絵にしないといけないんです。
その方が読者の方が安心するので。

例えば、ブログについての記事なのに動物の画像を載せるとかですね。
それだと、画像に意識がいってしまう

せっかく来てくれたのに離れてしまうんですよね。
それは避けたい。

あとは添削

添削はそこまで深くはやりません。
誤字を訂正するくらいです。

直しつつ、文体がおかしいなと思ったら修整という感じです。

こんな感じかな?
だいたい3時間ほどか、ちょっとすぎるくらいですね。

重要な部分は前半です


ここからは重要な部分を解説します。
なぜ僕が上の時間配分にしているか?

そちらをさらに深堀😌

ブログの顔

僕はネタ、タイトル、見出し、前説などの前半部分で1時間ほど使用しています。
文字数が少ないのに。

それはなぜか?

ブログの前半部分はブログの第一印象であり、人で言う顔。

僕は「ブログの顔」と呼んでます。

少し考えてほしいのですが、初めて会う人がいるとしたら、どこを見ますか?
おそらく顔ですよね。

そこから話し方だったり、性格という所を知っていくと思います。

もし仮に顔が不衛生だったら、あなたはその人の事を知りたいと思いますか?
思わないと思います。

ブログも、それと同じなんです。

タイトルを見て、前説を読んで、見出しから本文へと移行する。

タイトル時点で興味を惹きつけることができなければ、いくら良い文章を書いても意味がないんです。

だから僕は、ブログの前半部分。
ネタ、タイトル、見出し、前説などの文章構成に時間を多く使います

合うように

その次に重要なのが画像選定と添削
画像選定は重要ですね。

上の方でも書きましたが、タイトル文や見出しと画像が合っていなったら、それだけで読者は離脱します

意識が変わってしまいますからね。

せっかく、文章に集中してもらえたのに途中の見出しの画像が、全く関係ない絵だとしたらね。

なので僕は、そのタイトルや見出しに合う画像が見つかるまで、画像選定に時間を使います

添削の重要性

上の方で僕は「軽くやっています」という感じで書いています。
ですが、手抜きではないですよ。

誤字があると、離脱率が高くなる。
読者を離脱させないためには、読みやすい文章に。

これを心掛けています。

まぁ、人間なので完璧には出来ないですけどね。
ただ、できるだけ間違いは無くすようにしています。

その方が読者の方が読みやすいので。

ある程度でいい

もう分かってきたと思います。
本文は一番あと

これに気付くまで時間がかかりましたよ。
なにせ、全て本文が重要と思っていましたから。

でも、違ったんです

確かに本文は重要ですよ。
でもタイトルや見出しに比べたら、そこまで重要じゃない

実際にブログとか読んでみると分かると思います。
まず見る場所は何処ですかね?

おそらく、タイトル➔見出し➔本文。
の順番で見ていきますよね。

そうなんですよ。
本文は最後なんです。

重要なので何度も書きます。

いくら良い文章でも、タイトルや見出しが駄目なら読まれることはない。
人を惹きつけて、そこから本文に流し込む。

これを意識してブログを書くと、良いかもしれませんね。

では。