一度で良いから「歩合制」の仕事を経験したほうがいい。【人生の選択肢が増えます】

雑記

daiki

こんにちは、daiki です。

今回は、一度で良いから歩合制の仕事を経験したほうがいいよね。
という内容をお話しします。

歩合制の仕事を経験したことがありますか?
もしなければ、この記事は参考になると思います。

経験がある方でも気づきがあるかもしれませんので、よければどうぞ😌

殆どの仕事が固定給

7~8割の仕事は固定給です。
なので、歩合制の仕事をやった事が無い人は多いかと思います。

僕は経験しています。

そこで、歩合制を経験した僕が、経験から得たものを共有したいと思います。

今後、歩合制の仕事にチャレンジしてみようと考えている人に参考になればと思っています。

結論を言うと、

人生の選択肢が増えて、仕事が好きになる

では、深堀です😌

歩合制を経験すると人生の選択肢が増える


歩合制を経験すると、人生の選択肢が増えます。
あ、歩合制はわかりますかね?

一様説明すると、成果に基づいて給料が支払われるという給料制度です。

簡単に言うと、1個の商品に対して、100円が支払われる感じ。
何個とか、何件とか、に対して給料が計算されます。

給料は自己責任

先に行っておきます。

歩合制だと、お給料は自己責任です。
結果を出さなければ、一銭も貰えません。

なので、自分から動かないと生活できないです。

逆に言えば結果を出せば出すほど収入が増えます

固定給で安定した収入を貰うか、歩合制で稼げるだけ稼ぐか。

歩合制は作業を効率化すれば、増やせるだけ増やせますからね。
自分の実力を最大限に発揮できますよ。

ただ、やらなければ当然もらえません
思考が必要です。

例えば営業の場合。
自分で考えて、「どうやったらこの商品は売れるか?」を試行錯誤する。

商品の魅力だったり、どういった人がその商品を求めているか?
と言った具合。

効率化の思考

歩合制を経験すると、物事を効率化する思考が手に入ります。
だって、生活が懸かっていますからね。

考える思考が自分を育てる

もう気付いた方もいるかもしれません。
歩合制をやると強制的に考える思考が働くので、自己成長に持って来いです。

固定給の仕事で作業の効率化を考えるのって、よほどその仕事が好きな人じゃないと出来ないですよね。

業務中は考えるかもしれませんが、家に帰ってからは特に。

でも、歩合制なら考えてしまうんですよね

仕事が好きになる

スコアゲームみたいに、何度も挑戦している内にのめり込んでしまうんですよね。

こうなったら最高です。
仕事に没頭しているので、プラス要素しかありません。

僕が伝えたいのはここなんです。

やっぱり仕事は楽しい方がいいじゃないですか?
1日の三分の一が仕事に使われることだし。

歩合制を経験すれば、そのことに気付くんじゃないかな?
と思ったんです。

人生の選択肢が増える

歩合制を経験すれば、人生の選択肢が増えるんですよ。
会社だけが収入減ではありません。

例えば、フリーランスとか。

歩合制を経験すれば、フリーランスのイメージは掴みやすいと思います。
というより、フリーランスは歩合制ですね。

個人で仕事を取ってきて、その収入で生活する。

フリーランスを経験する前には良いかもしれませんね。
あ、そういう記事タイトルにした方が良かったかな?

まぁ、これはこれでいい😌

歩合制はどういったものがあるのか?


ここからは歩合制の仕事を簡単に紹介します。
フリーランスとかの内容ではないですよ。

  • 営業職
  • 運輸業
  • ウーバーイーツ

こちらを上から解説します。

営業職

これは王道かな。
営業職です。

営業と言っても、色々ありますけどね。
その中で歩合制を選ぶ。

僕の知り合いで、保険の営業をやっている人がいましたね。
たしか歩合制で。

正社員は「基本給 + 歩合制」だそうです。
契約した件数に応じて、収入が上がるといっていましたね。

これいいですよね。
基本給の安定した収入を貰いつつ、歩合制で成果を出せる。

歩合制で働いてみたい方は、保険の営業がおすすめですね。

運輸業

ぼくの身近な人で言えば、あとはドライバーですかね。
こちらも「固定給 + 歩合給」です。

話によると、固定給だけの方が人気だそうですよ。
歩合制は割に合わないらしいです。

それでも歩合制を選んでいる人はタフな人が多いですね。
少し悪く言うと、態度がデカい人が多い気が、、。

ぼくは物流倉庫で働いているので、ドライバーさんの話はよく聞くんですよ。

歩合制だと、

一回転あたりの作業利益にガソリンとかが引かれて、利益の(35%だったかな?)それが給料に加算されるそうです。

これが話によると安いらしい。
場所にはよると言ってましたけどね。

ウーバーイーツ

簡単にチャレンジできるものを一つ紹介しておきます。
それはウーバーイーツです。

※ウーバーイーツを知らない方はググってください🙇

最近、ウーバーイーツのバッグを背負っている人をよく見かけません?
ぼくの住んでいる地方でも走っているのを見かけます。

あの黒と緑のバッグ。
実はウーバーイーツって、歩合制なんですよ。

流れとしては、自分の指定の地域で注文が入れば、商品を買ってお客さんのところに配達する。

報酬計算

この記事が一番分かりやすいです↓

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げるの?実際に働いて検証しました!

クエストとかもあるそうですよ。
ゲーム感覚で面白そうですね。

配達は自転車で出来たんじゃないかな?
効率を求めるならバイクだと思うけど。

実際に僕の知り合いが近々始めるそう。
その近況が分かれば、また別の記事に書いていこうかなと思います。

取り敢えず、この記事で書けることはこのぐらいですね。

それでは。