【本の紹介です】グレッグ・マキューン氏の「エッセンシャル思考」を読んだ感想

商品紹介 本の紹介・感想

こんにちは daiki です。
今回は、グレッグ・マキューン氏の「エッセンシャル思考~最小の時間で成果を最大にする~」を読み終えたので感想を書いていきます。

グレッグ・マキューン。シリコンバレーのコンサルティング会社 THIS Inc. の CEO 。エッセンシャル思考の生き方とリーダーシップを広めるべく世界中で講演。執筆をおこない、アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、リンクトイン、セールスフォース・ドットコム、シマンテックなどの有名企業にアドバイスを与えている。ハーバード・ビジネス・レビューおよびリンクトイン・インフルエンサーの人気ブロガー。

本のサブタイトルでも書いていましたが、大事なことなのでもう一度書いておきます。

最小の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考という本は、仕事の「やり方」を変えるための本です。多くの仕事をこなすための方法が書かれているわけではありません。

一見サブタイトルを見た感じだと、そのようなイメージがわくかと思いますが、違うので注意してください。

この本を読めば、あなたの仕事の成果は確実に伸びます

エッセンシャル思考の中から、重要だと思った部分を抜き取り、解説していきますので気長に読んでください。

と、その前にこの本を読んだ方がいい人を書いておきます↓

  • 仕事で成果が出ない
  • 人生に迷いが多い
  • 行動する勇気がない

こんな感情を持っている人には最適な本です。
では、深堀していきましょう。

「エッセンシャル思考」感想 + 重要点

エッセンシャル思考,感想
エッセンシャル思考の重要な部分を解説しつつ、僕なりの見解や感想を述べます。
もしよければ、そちらも参考にしてください。

賢く生きる者は、無能な人を排する

本当に賢い人は自分にとって害のある人とは関わりません。
物事の本質を見極め、関わりを絶つ。

例えば、社内の飲み会や休日の接待とかですね。
あなたは行きたくもない飲み会という愚痴大会に参加していませんか?

殆どのサラリーマンは参加していると思う。
周りの目を気にして、本音で生きていない。

でも賢い人は、本当にやるべきことを理解しているので、そういう意味のないことはしません。

では、何をするか?
それは一つです。家族や身近な大切な人たちと過ごす

本質を理解する = 何が大切か理解する。

どちらが大切ですか?と聞かれれば圧倒的に後者ですよね。
仕事の代わりはいても家族の代わりはいないのですから。

さらに深堀

これは仕事上でも同じです。
賢い人は、会議も極力出ないようにしており、本当に必要な時だけ参加する

自分が与えられた業務の中で、最も重要するものに焦点をあてています。
ただ、日本の社会では会議を断るのは難しいかもしれませんね。

でも、自分が上の立場になって無くすことはできるかもしれません。

賢く生きる者は、無能な人を排する

この言葉をさらに深く知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

【読書の学び】本当に賢い人は無駄なことはせず、一番重要なものに集中する。

優秀な人ほど成功のパラドックスに陥りやすい

この本によれば、優秀な人ほど成功のパラドックスに陥りやすいそうです。
そもそもパラドックスとは何なのか?

パラドックスとは、正しそうに見える前提と、妥当に見える推論から、受け入れがたい結論が得られる事を指す言葉である。逆説、背理、逆理とも言われる。
※Wikipediaから引用

簡単に言うと、優秀な人は自分が正しいと判断してしまいがちなので、その考えから、のめり込んでしまう。という事ですね。

もっと簡単に言うと、仕事をやりすぎてしまう。

特に優秀な人はプライドが高く、断ることがありません。
上から仕事を与えられれば、どれだけ忙しくても最大限に応えようとします。

これが仇となると本書では言っています。

「断ることが出来ない + 慢心」が己を苦しめる。

優秀な人は頼られる事が多いので、仕事はどんどん増えます。でも、プライドや慢心が邪魔して、断ることができない。

その悪循環にのまれてしまい、自分を破滅へと追い詰めてしまう。
そうならないためには、断る勇気と慢心を取り除く必要があるという事です。

優秀な人ほど成功のパラドックスに陥りやすい

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

【読書の学び】優秀な人ほど「性格」が仇となり成功のパラドックスに陥りやすい

小さな一歩を積み重ねる

本書では、小さな一歩の積み重ねが未来を切り開くための方法だと書いています。

どんなことでも始めは小さな一歩から始まります。
ありがたいことに、これはみんな平等です。

例えば、仕事を断ることにしてもそうです。

自分のキャパ以上に受けてしまうと、本来の仕事を疎かになり、受けた仕事も中途半端になってしまう。

なので、時には断る勇気が必要で、その一歩が大事なんです。

一歩踏み出すことが出来たら、二歩目がある

人生は変わり始めます。これはどんなことにも応用が出来るからです。

例えば、プログラミングを学ぶとしても一歩が必要です。
でも、一歩踏み出してしまえば、後はやるしかありません。

努力は後からついてきます
これは僕が実証済み。

実際にブログやプログラミングを学ぶために一歩を踏み出してみたら、何とかなりました。

不安はありましたが、現在はブログは150記事を超え、プログラミングは HTML CSS JavaScript jQuery SQL を学ぶことが出来た。

実際に学んだプログラミング言語をもちいて、コーティングすることが可能になったのです。

小さな一歩を積み重ねる

さらに深く知りたい方は別記事に書いています↓

【読書の学び】小さな一歩を積み重ねると「あなた」は幸せになる。

最小の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考,感想
では、再度結論です。

エッセンシャル思考とは、「最小の時間で成果を最大にする」という思考法。
物事の本質をとらえ、無駄なものに時間を費やしません

その為には、断る勇気が必要であり、例え優秀だと評価されたからといって、慢心してはいけない

大きな一歩ではなく小さな一歩が重要で、少しづつ積み上げていけばいい。
結果、その経験が色んなことに応用が利き、人生を変えていきます

以上です。

この本で僕は確実に影響を受けて、人生が良くなっています。
あなたも何か心の中の「もやもや」があるなら、読んでみてください。

損はさせませんので。
本書が読みたい方は、こちらからどうぞ↓