2020-03-02

【WordPress】Googleアドセンス広告の貼り方。やり方を初心者用に解説。

Wordpress

こんにちは、daikiです。

今回は、WordPressでGoogleアドセンス広告の貼り方について、まとめてみました。

Googleアドセンスに合格したけどやり方が分からない。そんな方向けに画像を用いて解説していますので、一緒に進めていきましょう。

Googleアドセンス広告の貼り方

Googleアドセンス広告の貼り方【アカウントを有効】

Googleアドセンスに合格したら、こちらメールが届いていると思いますので、「アカウントを有効化」していきましょう。

Googleアドセンス広告の貼り方【アカウントが有効になりました】

有効化したら、「アカウントが有効になりました」と表示されるはずです。次に「広告を設定」です。

Googleアドセンス広告の貼り方【アカウント有効化】

上の画面が出ると思いますので、進めていきましょう。

Googleアドセンス広告の貼り方【サマリー】

まず、左のサイドバーから「広告→サマリー」を選択。そして、「サイトごと」と「広告ユニットごと」に分かれていますので、「広告ユニットごと」を選択。

Googleアドセンス広告の貼り方【ディスプレイ広告】

・ディスプレイ広告

・インフォード広告

・記事内広告

3つありますが、「ディスプレイ広告」を選択しましょう。

Googleアドセンス広告の貼り方【スクエア】

さらに3つのタイプに分類されます。

こちらが「スクエアタイプ」ですね。よく見る四角い広告ですね。

Googleアドセンス広告の貼り方【横長タイプ】

横長タイプ」です。横に長い広告です。

Googleアドセンス広告の貼り方【縦長タイプ】

縦長タイプ」です。縦に長い広告です。

 

Googleアドセンス広告の貼り方【広告ユニットの名前】

作成したいタイプの広告を選択したら、左上の「広告ユニットの名前を入力」していきましょう。(僕はdaikibiogサイドバーと保存しています。)

Googleアドセンス広告の貼り方【広告サイズ】

広告サイズはレスポンシブで大丈夫です。レスポンシブはGoogleが自動でサイト内のサイズに合わせてくれます。

では、右下の保存して進めていきましょう。

Googleアドセンス広告の貼り方【コード生成ツール】

「HTML」と「AMP」がありますが、「HTML」でOKです。赤枠内のアドセンスコードをコピーしましょう。

Googleアドセンス広告の貼り方【テキスト】

では、実際にWordpressでアドセンスコードを貼り付けていきましょう。まずは、「ビジュアル」から「テキスト」に変更。

Googleアドセンス広告の貼り方【テキスト画面】

テキスト画面に変更したら、広告を出したい場所に先ほどコピーしたアドセンスコードを貼り付けましょう。

Googleアドセンス広告の貼り方【アドセンスコード貼り付け】

こんな感じで貼り付けたら、少し時間を置きましょう。(※広告が表示されるまで時間がかかります)

Googleアドセンス広告の貼り方【アドセンス反映】

上の画面のようにアドセンス広告が反映されていればOKです。お疲れさまでした。