2020-08-10

【JavaScript】let は変数。const は定数。そして = は右から左に代入する。らしい。

JavaScript,プログラミング

daiki

こんにちは、daikiです。

今回は、Progate で Javascript を学んだことを共有します。
let と const についてです。

Javascript の初歩ですね。
let と const を詳しく解説します。

その前に一言。

インプットしたものをアウトプットする。

これが一番頭に残りやすいです。
ついでに = も説明しますね。

では結論。

let は変数。const は定数。

進めましょう😌

let は変数であり、const は定数


let と const を学んでいきましょう。

let は日本語翻訳すると「~させる」という意味。
const は翻訳できません。

const という言葉自体がプログラミングで用いられる専門用語です。

翻訳に意味はあまりないので、軽く流しておいてください。

let を詳しく

let は変数です。
Javascript を進めると変数の定義を学びます。

「どういうもの?」
と言うのを説明するのは難しいですね。

簡単に言えばデータの入れ物
実際に見てもらった方が早いかもです↓

let name = "daiki";

これですね。

let が箱で、その中に「名前はdaikiですよ」と言うのを表しています。

もう一つ例をあげます。

let number = 123;
console.log(number);

これは let(箱)の中に「123 の数字がありますよ」という意味。
これを表示させると。

123

書いた数字が表示されます。

console.log については過去に書いた記事があるのでそちらをどうぞ。

JavaScript で最初に覚えることは console.log 。「出力」という意味です。

const を詳しく

次は const ですね。
const は定数です。

こちらも説明が難しいですね。
読み取り専用という意味で理解しておけばいいかと。

使用は let とほぼ同じ。

const name = "daiki";

let の部分が const に変わっただけです。
これも let と同じ感じ。

const という箱の中に「名前はdaikiです」という内容が指定されている。

これに console.log で出力すると、「daiki」と表示される。

const name = "daiki";
console.log(name);

これが↓

daiki

こういう感じですね。

ただ、これだけだと「let と同じじゃん」と思うと思います。
なので、ここからさらに深堀。

let と const の違い

let は変数であり、const は定数というのは理解したと思います。
これには実は意味があります。

結論を言うと、

let(変数)は変化できるもの。
const(定数)は一定数であり変化できないもの。

という指定を表すものなんです。

実際に見てもらった方がイメージしやすいと思います。

let の場合

let name = "daiki";
name = "hibito";
console.log(name);

name をdaikiからhibitoに変更を指定してみます。
すると↓

hibito

名前が変わりましたね?
では、次は const です。

const の場合

const name = "daiki";
name = "hibito";
console.log(name);

let と同じように const でも name をhibitoに変更を指定してみます。

at Module.load ~
at tryModleLoad ~
at Function.Module_load ~
at Module.Funmain ~
at run ~~~~

こんな感じでエラーになるんですよね。
※これは一部だけ抜粋しています。

これで察しの良い方は理解したと思います。
そうです。

let は変化することができる指定箱。
const は変化することができない指定箱。

という事です。
これが理解できればOK。

ついでに = も解説します

一般的な=は数学のイコールという認識が強いと思います。
ですが、プログラミングでは違う意味に。

右辺から左辺に代入する

プログラミングでは上の意味になるんです。
なので、let や const で使ったように「name にdaikiが代入されている」という事。

const name = "daiki";

右から左へ。
実際に見ながらの方が分かりやすいですね。

僕がプログラミングを覚えた方法


少し話は変わります。
解説は終わったので短めにおまけです😌

上の方で「理解したのでもういいよ」という人は閉じてもらっても大丈夫です。
では、進めます。

ズラシ学習法で復習

これは僕の記事で何度も書いている方法です。

ズラシ学習法

一個目の項目を一週間おきにズラシながら学習する方法です。

例をあげます。

  • 学習コース1➔一週間
  • 学習コース1+学習コース2➔一週間
  • 学習コース2+学習コース3➔一週間
  • 学習コース3+学習コース4➔一週間
  • 学習コース4+学習コース5➔一週間

こんな感じですね。
一週間おきに確実に覚えながら復習を繰り返します。

これぐらいやれば嫌でも覚えます。
僕自身、そんなに記憶力がいい方ではないですが、この方法で覚えれました。

今ではProgate の HTML &CSS と Javascript は余裕でできます。
Javascript は後、1学習残ってたかな。

さらに詳しく知りたい方は下の記事をどうぞ↓

ProgateのHTML & CSSを1カ月で終了。プログラミングは簡単だった。

再度結論です

これでこの記事は終わりですね。
なので再度結論。

let は変数であり、const は定数。

今回はこれを覚えてもらえたらいいかな。
ちょっと上からのようですが、これは自分に向けて書いているので気にしないでくださいね。

僕の記事は基本的に「過去の自分や今の自分」に向けて書いているものです。
なので、少し言葉が雑になっていたりすることもあります。

過去の自分が迷っているという事は、今現在、僕と同じように悩んでいる人がいるという事。

これに気付いてブログを書いています。
それでついでに誰かの役に立てればな、と思ったりしています。

では。
少し強引ですね。笑