2020-09-04

嘘をついて【自己成長】する僕。言葉の影響力ってすごいよね。

雑記

daiki

こんにちは、daiki です。

今回は、嘘をついて自己成長した僕の体験談をお話しします。
嘘でも言葉は力になるんですよ。

嘘って言葉だけ聞くと、あまりイメージがよくないですよね。
「嘘つきは泥棒の始まり」という言葉があるように。

でも、みんな結構ついているんじゃないですか?
見栄からくる嘘とか。

僕はありますね。
しかも、けっこう嘘をつくんですよね。

最近ついた嘘だと、「プログラミングで月収20万稼いでる」という話ですかね。

「えー、嘘はよくないよ」と思うと思います。
確かに、これだけだと信用を無くしてしまいますね。

でも実は理由があるんですよ。

実際に話した言葉は現実化する

言葉ってね。
現実化するんです。

悪い嘘は良くないですけどね。
僕がつく嘘は自分を成長させるための嘘です。

こちらを詳しく深堀していきます😌

嘘は言葉次第で自分を成長させる。


嘘でも言葉の影響力は凄いんです。

嘘でも言葉は脳を伝う

ビジネス書で「思考は現実化する」とか聞いたことないですか?
あれは本当です。

僕も最初は信用していませんでした。
なので、実際に試してみることに。

身近な友人に「来月から労働を減らしても生活できる」と言ってみました。

完全に嘘です。
当時、それじゃあ生活は出来ません。

最低でも一日8時間労働はしないと難しいです。
それが、どうなったと思います?

結論を言うと、5時間労働になりました。

言葉は現実になる

なんで僕が5時間労働にすることができたのか?
それは行動したからです。

言ったからにはやるしかない思考

労働を減らすと言った瞬間から、友人から事あるごとに聞かれます。
「労働時間の件どうなった?」って。

日に日に聞かれるんですよ。
しかも来月と指定しているから、日付が刻一刻と迫ってくるんです

だんだん言い訳が出来なくなります。
そして、さらに嘘をつきます。

「ああ、順調だよ」
もうやるしかありません。

なので、毎日考えました。

「どうやったら労働時間を減らせるのか?」
「どうやったら最低限の収入で生活ができるのか?」

毎日、脳みそフル回転でね。
だって、嘘のままだと信用が失うじゃないですか。

それじゃあ、ただの嘘つきやろうです。

嘘つきのままでは終わらない

僕は考え続けました。
そして、徐々に結果を出します。

「まずは残業を削ろう。
一人暮らしで残業を削っても、生活できる範囲の生活費に抑える。」

支出を抑えて、固定費を下げて、できるだけお金を使わないサイクルを作りました。

これは意外とできました。
もともと物欲が少ない方だったので。

ただ、これだけだと残業をなくせる程度。
なので、さらに考えます。

「やはり、家賃の固定費が高い。
これを減らせる方法はないか?」

そんな時です。
たまたま実家から家が安価で手に入るという話が来ました。

これは好機。
ぼくは家を拝見して、即買いしました。

「え、ちょっとまって。急に家を購入?」と思っているかもしれませんね。

でもこれにはがあります。

嘘から出たまこと

家を購入できた裏の理由は何だと思いますか?
簡単なことです。

それは、友人以外にも「労働時間を減らす」と言っていたんです。

「ん、どういうこと?」と思いました?
ただ、ニュアンスは少し違います。

「労働時間を減らしたい。
だから、固定費の家賃を減らしたいんだよね。」

実家や知人、身近な人たちに伝えられるだけ伝えました。
するとどうなったか?

母の職場の友人が、たまたま祖父母の家が余っているという話があり、その家を紹介してくれた。

もう分かった方もいるかもしれません。
そうです。

嘘をついた事が、考えと行動によって現実になりました。

嘘を利用しよう


先に行っておくと、悪い嘘はダメですよ。
人を気づつけたりする嘘はね。

でも、自分を高めるための嘘なら僕は良いと思います。

嘘で知る

嘘をつくと分かるんですよ。
「あ、僕はこの程度の人間なんだ」ってね。

嘘をつくという事は後ろめたさがあるんです。
本当はこうなりたいとか。

例えば、友人から月収を聞かれて、少し高めに話したことはないですか?
そういう事です。

嘘から分かる。
自分を知るということ。

自分を知ることができるって、凄くないですか?
なかなか、そんな機会はないです。

でも、嘘から気づけるんですよ。
そして、自分の能力に気付く

ここまで、この記事を読んでくれた人なら分かりますよね。
次にどうするか?

考えて行動する。

嘘で加速

嘘から自分の能力を知って、次につなげる。
考えて、行動して、嘘で現実を加速させます。

今の段階がこうだから、いま必要なことはこれ。

嘘という言葉が脳に伝わり、それを現実化していくんです。
これは嘘ではないですよ。笑

実際にやるなら、知り合いに嘘をつくという方法でも良いかもしれません。
「僕は将来こうなるから」ってね。

上で話した通り、僕は嘘を現実化させました。

というより、やらなきゃいけない状況に追いやったと言った方いいですかね。

嘘つき認定の前に

でも、それは遅すぎてはいけません。
嘘つき認定されたら信用を落としますので。

信用を一度おとしてしまうと、戻ることは無いです。
これも本当。

だって、嘘をついている人のそばにいたいと思いますか?
(※嘘の内容にもよります。)

嘘は使うべき時に上手く使う。
それは自己成長の時。

過去に僕は、一度だけ大きな嘘をついた事があります。
詳しく書くと、長くなるので書きませんが、職場での嘘とだけ言っておきます。

僕は信用を失い。
その職場から居場所がなくなりました。

この時の嘘はダメな方の嘘です。
自業自得ですね。

あなたは僕みたいになってはいけませんよ。
やるなら、自己成長するための嘘をつきましょう。

では。