2020-07-07

無理をしないで結婚した方がいい話。理想の人生は自分で掴む。

雑記

daiki

こんにちは、daikiです。

今回は、無理をしないで結婚した方が理想の人生を掴みやすいですよ。
という話をしていきたいと思います。

「結婚は今すぐ必要なのか?」と悩んでいたり、周りが結婚していて不安になっている人に向けて書いています。

結婚は人生の大きな選択の一つです。
なので、じっくり考える時間を持った方がいいですよ。

結論から言うと、無理して結婚するとストレスが溜まり結婚生活が上手くいかないです。
では、深堀していきます。

無理をして結婚すると不安が発生する

この3つを取り除けば理想に近づけます。

  • お金の不安
  • 価値観の相違
  • 子供の教育方針

上から順に説明していきます。

お金の不安


無理をしないで結婚するためには、お金の不安を取り除いてあげることが大事です。

取り除くと言ってもお金で解決というわけではないです。

例えば、よく言われるのが年収1000万の相手を求めるという事。
まず、これはダメです。

自分にそれ相応の価値があると自負するのならいいと思いますが、そんな人はごく少数。

それよりも、現実的な方法を考えるべきです。

一カ月必要なお金はいくらか?

理想の結婚生活を歩みたいのなら、これは真っ先に考えた方が良いでしょう。

一人暮らししている人は大体わかると思いますが、一カ月にかかる生活費はどれくらいなのかは、把握しておいた方がいいです。

例えば、一カ月20万の給料だとして、必要経費は15万ほど。
これなら一人暮らしは可能だけど、二人だと難しい。

この場合だと、共働きで働くという選択になります。

旦那さんが20万。
嫁さんが10万。

これだと合計30万あるので、普通の暮らしは余裕で生活できます。(都市部だと難しいかな?)

子供ができたとしても、30万あればある程度は大丈夫ですね。
家賃などの固定費を下げると余裕がでるので、そこは見直し部分です。

重要なのは自分の理想額

上の例は大体で説明した金額です。
ここで重要なのが、自分が納得のいく理想の生活を送れるかどうか?

自分はどれくらいのお金があれば満足するかが大事

「結婚相手の給料が、、、。」
と嘆いているのではなく、一つでも解決策を身につける方がいいです。

例えば、節約の知識を身につけるとか、共働きを前提で生活を考えるとかです。

今の時代、共働きが当たり前になっています。
一昔前みたいに会社に勤めているだけで給料が上がることはなくなりました。

なので、相手にばかり頼っていてはいけません。
これは男女どちらも言えることです。

収入が低くても満足できれば強い

ある程度の収入があれば満足できるという人は強いです。
意外とこういう人の方がストレスなしで生きれたりします。

僕がこのタイプなんです。
一人暮らしで月12万で生活していますが人生楽しんでいます。

もちろん結婚の事も考えています。
僕は子供が要らない派なんで、同じ価値観の人と結婚する予定です。(今のところいませんが、、、。)

今ではネット上で優良なサービスが色々あるので、そちらを将来利用するつもりです。

後に下の方で紹介していきます。

価値観の相違

無理をして結婚すると、価値観が違うという事になり結婚しても、上手くいかない場合があります。

ほとんどの離婚の原因は、価値観の違いが主な要因なんですね。

結婚して同棲してみたけど合わなかった。

なんてことは結構あります。

気にならない範囲ならいいですが、耐えられない人が多いのが現状なんですね。

なのでまずは、結婚する前に同棲してみて価値観が合うかどうかを見極めるのが大事ですね。

目安は3カ月ぐらいで良いと思います。
長くて1年ですかね。

実際に住んでみないと相手の本当の性格って、分からないですからね。

自分の理想とかけ離れてしまうこともあると思います。
それを妥協できる範囲なら、結婚はありだと思いますね。

特に結婚して子供が生まれたら、さらに価値観は左右されます。

子供の教育方針

子供の教育方針についても、お互いに理解しておいた方が良いでしょう。

僕の知り合いに「子供ができてから、結婚生活が上手くいかなくなった」という話をしている人がいます。

やっぱり子供が生まれると、お互いの生活が子供重視になりますので仕方がないといえば仕方がないことです。
ですが、これは子供が問題ではありません。

問題なのは夫婦の価値観が合っていないだけです。

例えばよくある話では「習いごとをどうするか?」ですかね。
妻が習いごとはやった方が良いという価値の一方、夫は必要ない派。

価値観が合わないと、少しの事でもいざこざが発生しやすくなります。

一番は「子供がどうしたいか?」が重要なんで、そこをはき違えないようにしなければいけません。

それを理解しないと、離婚の確率は格段と上がり残念な結果となる。

無理をして結婚すると、上手くいかないことが多いです。

なので、しっかりお互いを見つめあい、心の底から「良い人と出会た」と思える関係性になることが大事ですね。

無理をしないで結婚する方法


理想の人生を掴みたいなら色んなサービスを使うべし。

  • PCMAX(利用者数重視)
  • ナレソメ(リモート婚活)
  • KIZUNA(大人の結婚)

上から順に説明していきます。

PCMAX

無理をしない結婚をしたいなら、利用者数重視でサービスを探した方が良いです。
なぜなら、利用者数が多いと理想の相手が見つかる可能性が高くなるからです。

PCMAXは利用者数1300万人を超えている日本最大手のマッチングサービスです。

創設から10年以上のサイト運営実績があり、女性は完全無料で利用可能。
フリーメールや匿名で利用できます。

他にはこんな感じ。

  • 年会費なし・登録無料
  • 365日体制での有人による運営・サポート
  • 業者などを徹底排除・もちろんサクラは一切無し
  • 好きな時に好きな分だけ使えるポイント制

僕ならこのサービスを利用しますね。
PCMAXのサービスに飛びます↓


ナレソメ

コロナ時代に新しく伸ばしてきたマッチングサービスですね。

リモート勤務という家で仕事出来る働き方が最近出てきています。
それの婚活版がナレソメという事です。

ナレソメでは1対1でトークが可能です。

こんな人におすすめ。

  • おうちで婚活がしたい方
  • 住所に縛られずに婚活がしたい方
  • 周りに理想の相手が見つからない方

結構面白そうなサービスですね。
今の時代には合っているマッチングサービスです。


KIZUNA

40代以上で大人の婚活をする人は、このサービスを利用したほうが良さそうです。

KIZUNAでは、子供がいる親御さんが中心となって親子婚活で長年の実績を持っています。

グループ全体で全国43店舗と拡大中であり質の高いサービスを提供しています。
既存会員は7000名ですが、徐々に拡大している優良サービスです。

大きく分けて二つです。

大人の婚活

ポイントはこんな感じです。

  • 30~50歳の会員様の割合が約90%
  • 成婚者の60%以上がお見合い5回以内のご成婚
  • 丁寧なカウンセリング

親子婚活

親子婚活の場合。

  • 専任カウンセラーによるお世話が充実
  • ステータスに自信がない場合でも大丈夫
  • 本人の婚活へのやる気を出すサポートが充実

もし僕が40代になって相手がいなかったら利用するかな?
という感じ。


まとめ

以上が無理をしないで結婚した方が理想の人生を送ることができる。
という話でした。

  • お金の不安
  • 価値観の相違
  • 子供の教育方針

お金の不安は、どこにいても付きまといます。
一番は自分の満足できる範囲を把握して、そこに逆算していくと理想がつかみやすいです。

価値観は結婚する前に確かめておく必要があります。
6カ月ほど同棲などをしてみて、実際にどうなるか体感しておく方が良いですね。

子供の教育方針が最終的な価値の違いにぶつかると思いますので、そこはしっかり話し合っておくと良いでしょう。

改めて思うのが、無理をして結婚すると良い人生を歩むことは出来ないという事です。

身近で無理して探すなら、ネット上のサービスを使う方が健全かもしれません。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。