2020-06-28

無理をしないで運動を継続させる方法。まずはウォーキングから始めてみる。

雑記

daiki

こんにちは、daikiです。

今回は、無理をしないで運動を継続させる方法を解説していきます。

ダイエットをしていて中々運動が続かない人や、健康維持のために運動を継続させたい人に向けて書いています。

こちらもご一緒にどうぞ。
↓↓↓
無理をしないでダイエットする5つの方法

無理をしないで運動を継続させる方法

無理をしないで運動を継続させる4つの方法を解説します。

  • 期間を決める
  • 曜日を決める
  • 時間を決める
  • ウォーキングから始める

上から順に説明していきます。

期間を決める

無理をしないで運動を継続させるには、どれくらいの期間を継続させるのかを決めるのが大事です。

運動が継続できない人は勢いで始めてしまっている人が大半です。

「よし!明日からやるぞ!!」とやる気はあるものの継続力はありません。

なぜなら、ゴールがないと人は継続させるのが難しいからです。

例えば、ゲームなどはボスがいて、そのボスを倒すためにいろんな武器を獲得しながらレベルを上げますよね。

ここではレベル上げという継続が必要になりますが、ボスを倒すというゴール(目標)があるので継続できるのです。
レベルを上げずにいきなりボスに挑んでも勝つことは出来ません。

運動でもこれは同じことが言えるんです。

いきなり「運動するぞ!」という勢いでランニングしたしても、ゴール(目標)がないので真っ暗なところを走っているようなものです。

ランニングでは「期間=ボス」だと捉えて運動すると継続しやすいです。

なので、まずは一カ月の期間を目標にして挑んでみるといいでしょう。

曜日を決める

次に運動する曜日を設定します。

自分の無理をしない範囲でいいので一週間の内、どの曜日に運動するのかを決めましょう。

  • 月曜 運動
  • 火曜 休み
  • 水曜 休み
  • 木曜 運動
  • 金曜 休み
  • 土曜 運動
  • 日曜 休み

こんな感じで運動する日を決めておくと継続しやすくなります。
始めは一週間に一回とかでも大丈夫ですよ。

僕の場合はこんな感じです。

  • 月曜 休み
  • 火曜 休み
  • 水曜 休み
  • 木曜 運動
  • 金曜 休み
  • 土曜 休み
  • 日曜 運動

木曜と日曜は仕事がお休みなので運動する曜日に設定しています。
他の日は仕事で体を多少なり動かしますので休みにしています。

こうやって自分なりに運動が継続しやすい曜日を決めておくと、運動する日になると「運動しないと!」と言う風に思い込むことができるので継続しやすいのです。

まずは自分の仕事のシフトを見ながら、運動にあてる曜日を設定しておきましょう。

時間を決める


無理をしないで運動を継続するには時間を決めることも大事です。

いきなり運動しようと外にでてランニングなどをしても継続はしません。
なので、一日の運動時間を決めて行動に移しましょう。

例えば、一日1時間だけ運動すると決めれば、次に何時に運動するかを決めます。

  • 6時~7時
  • 12時~13時
  • 17時~18時
  • 0時~1時

こういった感じで自分の生活サイクルと合わせながら時間設定するといいでしょう。

僕の場合は14時~16時の間で1時間だけ運動すると決めています。

時間帯によっての運動の効果

時間帯によっては運動の効果が変わります。

早朝・午前中

よく言われるのは、有名な経営者などは早朝にランニングしているという事です。

早朝にランニングを行うと、頭の中がスッキリして、一日の生産性が上がるんですよね。

なので、経営者などの生産性を求められる人は朝ランしている人が多いんです。
他にも脂肪燃焼効果とかもあります。

朝は睡眠のあとは空腹時なので吸収するものがないんです。
なので、朝にランニングすると脂肪燃焼が活発になり、痩せやすい体になるという事です。

でもこれだと体に負担がかかりやすいので適度な食事をとってエネルギーを蓄え、少し時間をおいてから運動すると良いでしょう。(1~2時間)

お昼・午後

僕はお昼の運動をおすすめしています。

午前中は頭を使うことに集中して、脳が疲れてくるお昼時に運動する。

こうすることでまた、脳が活性化されて、夕方以降にも生産性を維持できるのです。

僕の話ばかりで申し訳ないですが、僕は午前中にブログを書いていますので、午後に運動するのが一番相性が良いという事です。

なので、頭をよく使う仕事をしている人は午後の運動が相性が良いと思います。

夕方以降・夜

夕方以降の運動はぐっすり寝たい人にはおすすめです。

身体的疲労は良く寝れる要因になるので、ぐっすり寝たい人にはいいですね。

あと、夏場とかの暑い季節だと、夜の方が涼しいので運動が継続しやすいという理由もあります。

昼間だと暑すぎて熱中症になる危険性もあるので無理は禁物です。

夏場で無理をしないで運動を継続したい人は夕方以降・夜の涼しくなった時間帯がおすすめですね。

ただ、寝る前に運動すると疲労が強いので眠れなくなってしまう可能性があります。
なので、1~2時間は時間を空けて運動するようにしましょう。

ウォーキングから始める

無理をしないで運動を継続するなら、まずはウォーキングから始めてみましょう。

先ほど説明していった方法でウォーキングをあてはめます。

  • 期間 1カ月
  • 曜日 月曜、木曜、日曜
  • 時間 1時間
  • 時間帯 19~20時

こんな感じで当てはめていくと現実味がでてきますよね。

無理をしないで始めるには1カ月がいいと思います。
で、慣れてくれば延長です。

曜日は週3日ぐらいが丁度いいんじゃないですかね。
不安なら週1日でも大丈夫ですよ。

時間は30分とかでもいいと思いますが、時間帯の固定はやっておいた方がいいですよ。

「その時間になると運動する」という感じで癖づけることが大事です。

今回はウォーキングの場合なんで、距離とかも考えてみると良いと思います。
実際に歩いてみて30分ぐらいで帰ってこれる距離とか、そんな感じです。

まとめ

以上が無理をしないで運動を継続される方法でした。

  • 期間を決める
  • 曜日を決める
  • 時間を決める
  • ウォーキングから始める

これから運動を始める人は期間は短めに設定しておいた方がいいですよ。
1カ月ぐらいが丁度いいと思います。

運動する曜日を決めると継続しやすくなります。
癖づけるのが大事で、その時間がきたら勝手に運動する準備をしているという感じが良いでしょう。

時間設定はある程度決めて運動しましょう。
重要なのは「どの時間帯で運動するか?」です。

これらの方法を試すと確実に運動は長続きします。

まずは自分の生活サイクルを確かめて、それから運動サイクルをあてはめていくといいでしょう。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。