2020-07-21

プログラミング初心者はひたすら写径するのみ。Progateはおすすめです。

雑記

daiki

こんにちは、daikiです。

今回は、プログラミング初心者に向けて、写径は大事ですよ。という話をしたいと思います。

プログラミングを始めたけど、何から始めたらいいか分からない。
そんな人に向けて書いています。

結論からいうと、

ひたすら写径しましょう。

プログラミング初心者は、まずはコードを書くということを慣れることが大事です。
では、解説します。

プログラミング初心者はコードに慣れることから始める


初心者はコードに慣れることが大事です。

プログラミングを少しやると分かると思いますが、コードを書くだけで一苦労ですよね?

例えば、

<div class="top-wrapper">
	<div class="container">
		<h1></h1>
		<h2></h2>
	</div>
	<div class="btn-wrapper">
		<a href="">
		<p></p>
	</div>
</div>

こんな感じ。
これは比較的簡単な方ですが、初心者の方がいきなり書くのは無理があります。

物凄い行のコードを見たら、それだけで「うっ」ってなりません?
これが挫折の元。

なので、コードを毎日見て慣れるのが大事です。

ひたすら写径するのみ

初心者は何も考えずにひたすら写径するのがおすすめ。

仕組みは後から理解すればいいので、まずはコードに対する抵抗をなくすことです。

写径の意味を簡単に説明します。

写径とは?

見本となるコードを、そのまま書き写すことです。

例えば先ほど挙げた例。

<div class="top-wrapper">
	<div class="container">
		<h1></h1>
		<h2></h2>
	</div>
	<div class="btn-wrapper">
		<a href="">
		<p></p>
	</div>
</div>

これを丸写しします。
あ、コピペじゃないですよ。

一文字一文字、しっかりと書き写して、コードに慣れる。

これを毎日やると、プログラミングに対する抵抗が少なくなる。

上のは簡単なので、もっと行が多いコードを書き写すことをおすすめします。

WEBサービスでプログラミング学習をできるものがあるので、そちらを利用するといいです。

Progateを使うといい

初心者の方はProgateをおすすめします。

Progateはプログラミング学習をするWEBサービスで、実際にコードを打ちながら学んでいけます。
上で書いたコードはProgateで学んだものです。

もっと深く書くと。

<header>
	<div class="header-left">
		<img src="">
	<div class="header-right">
		<a href="">
</header>
<div class="top-wrapper">
	<div class="container">
		<h1></h1>
		<h2></h2>
	</div>
	<div class="btn-wrapper">
		<a href="">
		<p></p>
	</div>
</div>
<footer>
	<div class="footer-left">
		<img src="">
	<div class="footer-right">
		<a href="">
</footer>

慣れるとこれが書けるようになります。

Progateでプログラミング学習を始めて2週間ぐらいの実力です。
一日3時間くらいやってたかな?

3時間×14日=42時間

初級編は無料でできるので試しにやってみるといいですよ。
リンク貼っときます↓
Progate
深く学びたい人は月額1000円程度で使用できるので、そちらをどうぞ。
僕は課金しています。

プログラミングは仕組みを理解すれば簡単


プログラミングって、難しいイメージがありませんか?
でも、それは勘違いです。

実際、僕も勘違いしていました。

物凄く難しいイメージが強かったので、気になってはいたものの実行までにはいかず。
気付いたら半年以上を無駄に過ごす。

そんな僕がProgateに出会い、簡単にプログラミングを学習できた。

コードに慣れたら後は仕組みを理解するだけ

プログラミングはいろんな言語があります。
初心者はまず、HTMLとCSS。

HTMLは本体。
CSSは装飾。

こういう風にイメージすると覚えやすい。

HTMLで書き込んだものを、CSSで装飾する。

実際の例。

こちらがHTML。
これにCSSで装飾を加えます。

すると文字に色が付きます。

※Progateから引用。
これがHTMLとCSSの役割です。

HTMLで本体を作り、CSSで装飾する。
たったこれだけのこと。

始めて書いた時は「こんなに簡単だったのか!」とびっくりしました。

確かに難しい点はあります。
ですが、慣れてしまえばそうでもない。

僕は高卒で、偏差値30ぐらいの学校に通っていました。
30ですよ。

それでもできるんです。

結局はやるかやらないだけ。

過去の自分の言いたい言葉です。

やるか、やらない。
そうやっていつまでも時間を無駄にしてきた。

「そんな悩む時間があるのなら、ささっとやってしまえ!」
と言いたいです。

そして、今はプログラミングが楽しくて仕方がない

自分が書いたコードが反映される。
もともとモノ作りが好きな性格だったので、合っていたのかもしれない。

仕組みを理解し、コードを書いて実行する。
ただそれだけ。

もし、プログラミングをやるか悩んでいるなら、まずはやってみればいい。
それで無理そうなら辞めればいい。

悩む時間がもったいない。

これはプログラミングだけの話ではありません。

何かを始めるのに悩みは必要ない。
実際に手に触り経験して、そこから何かに発展していく。

それがたまたまプログラミングだったら続ければいい。
違うなら他の事をやればいい。

ブログでもいいし、YouTubeでもいい。
Voicyで独自のラジオ配信をするのもいい。

結局はやるだけ。
ただそう思う今日この頃。