2020-02-23

Table of Contents Plusで目次を設定。初心者用に使い方を解説【WordPressプラグイン】

Wordpress

こんにちは、daikiです。

今回は、Wordpressプラグイン「Table of Contents Plus」で目次を作成する方法を解説していきます。

ブログ初心者向けに簡単な設定方法と使い方を、画像を用いて解説していますので一緒に進めていきましょう。

Table of Contents Plusとは?

Table of Contents Plusとは、Wordpressのプラグインで目次を生成するプログラムツールです。

主に「h1.h2.h3.h4.h5」などの見出しタグを記事上にまとめて表記することができます。

目次を作成することで読者の方がより、記事を読みやすい環境にすることができます。

Table of Contents Plusの使い方・設定方法

まずは、Wordpressにログインして、Table of Contents Plusのプラグインを導入しましょう。

Table of Contents Plusで目次を設定

ユーザーID」と「パスワード」を入力してログイン。

Table of Contents Plusで目次を設定

プラグイン項目の「新規追加」を選択。

Table of Contents Plusで目次を設定

プラグインの検索で「Table of Contents Plus」と入力して検索。

Table of Contents Plusで目次を設定

右上の赤枠部分のプラグインがありますよね。それをインストールして有効化しましょう。

Table of Contents Plusで目次を設定

メニューに戻ると設定の項目に「TOC+」があると思いますので、そちらを選択。

Table of Contents Plusで目次を設定

上から順に設定していきましょう。

位置➡目次を表記させる位置ですね。デフォルトのままで良いと思います。

表示条件➡目次を表示させる条件ですね。3つ以上のままで良いと思います。

以下のコンテンツタイプの自動挿入➡こちらは「post」に変更

見出しテキスト➡こちらは自由に決めてください。僕は「もくじ」にしています。

⑤読者による目次の表示、非表示の設定です➡こちらも自由に決めましょう。

Table of Contents Plusで目次を設定

階層の表示➡段落別に分けたりできます。

番号振り➡見出しタイトルの前に数字が表記されます。

スムーズ・スクロール効果を有効化➡こちらはチェックを入れておきましょう。(※なしの場合、読者が目次をクリックしたときに、サイトを読みこむ無駄な時間が発生します。)

横幅➡こちらはデフォルトで良いと思います。

回り込み➡こちらもデフォルト。

文字サイズ➡95%で良いかと。

プレゼンテーション➡お好きなデザインをどうぞ。

Table of Contents Plusで目次を設定

全て設定が完了したら、設定を保存して終了です。お疲れさまでした。